COMMITMENT

   

FOOD CONCEPT

熊本産のあか牛

Akaushi

 
 
うま味、柔らかさ、ヘルシー、
三拍子揃った美味しさです。

 
くまもとの雄大な牧草地でゆったり放牧で育った「あか牛」。一般的な和牛が穀物飼育されるのに比べ、この別名「褐毛和牛」は牧草で育てられるのが特徴です。ヘルシーな美味しさで、よく締まった赤身肉にほどよく脂肪がのり、和牛の香りや味わいも楽しめると評判です。「Roji銀」では熊本産の「あか牛」贅沢に使ったお料理をご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

   

MYTHOLOGY

バッカス

Bacchus

 
 
酒の神「バッカス」のレリーフ彫刻と
小さな泉がお出迎え。
 
ギリシャ神話の酒と豊穣の神。ブドウの栽培を教えたという。本来トラキア、マケドニアの、集団的狂乱と陶酔を伴う秘儀における神であったが、ギリシャに伝播し主に女性の間で熱狂的な崇拝を受ける。オルフェウス秘儀との接触により、冥界とのつながりをもつに至り、ヘレニズム期以降彼自身の秘教が大流行した。ギリシャ演劇は、この神の祭儀から発達した。別名ディオニュソス(Dionysos)。ラテン語でバックス(Bacchus)。

   

SYMBOL

オリーブの古木

Olive old tree

 
 
「あの“オリーブの木”の店で」
を合言葉にお越しください。
 
オリーブは「幸せを呼ぶ木」、結婚式で使われ夫婦の木とも言われています。そんなオリーブの花言葉と由来となった2つの伝説があります。『ノアの箱舟』からは「平和」と「安らぎ」、今も平和の象徴とされ、ギリシャやイスラエルの国旗や国連の国花にはオリーブが用いられています。『ギリシャ神話のアテネとポセイドン』からは「知恵」と「勝利」、アテネがオリンピックの聖地とも言われているゆえんです。